家と庭を繋ぐウッドデッキは自然と外へと行きたい場所になります

ウッドデッキで日向ぼっこやバーベキューをしている家族を見ると、こちらまで幸せな気分になります。リビングから靴を履かないでそのまま外に飛び出すことが出来、何だか部屋が増えたような気がして嬉しくなります。ウッドデッキにはそんな魅力がたくさんあるのです。ウッドデッキでどんなことをしたいですか?と聞くと、家族や友達とバーベキューをしたり、夏にはプール遊びをしたり、屋外でゆっくりとご飯を楽しんだり、中にはペットと戯れたりと様々な使い方が出てきます。屋外にあるので開放的な気分になり、自然と家族との会話も増えます。昼間だけでなく、夜に星空を見上げながら星座観察も素敵です。プライベートな時間を過ごすにも向いています。疲れて癒しを求めているとき、好きなドリンクを飲みながらリラックスできる貴重な時間を得られます。ウッドデッキがあることで、それぞれが充実した時間を過ごすことが出来るのです。

庭が楽しくなる、ウッドデッキの魅力とは

ウッドデッキの最大の魅力は庭を有効活用出来る点にあります。多くの家は家の床と庭は60cmほどの段差があります。階段にすると大体3段程です。階段3段となると結構な高さがありますので、庭に出ることを億劫に感じ、せっかくの庭に出なくなってしまいます。しかし、ウッドデッキがあることで段差をほぼ無くすことが出来、庭に出やすくなり、有効活用することが出来るのです。子供の遊び場として使ったり、テーブルとイスを置いてオープンカフェのようにしてみたりとリビングの延長の様な使い方が出来ます。上に屋根をつけて縁側のような使い方も良いですし、植栽部分だけをくり抜いたりしても感じが変わりとてもオシャレになります。さらにウッドデッキに段差をつけたり、ベンチを作ったりしてみても良いです。ウッドデッキは大きさや形などアレンジ次第で様々な使い方が出来ます。ウッドデッキ一つで庭の表情が変わり、とても面白くなるんです。

ウッドデッキをDIYしてみましょう

庭にウッドデッキがあるおうちに憧れる方は多いでしょう。業者に依頼すると高額なウッドデッキでも、価格を抑えて自分でDIYすることが出来るのです。また、自分だけのオリジナルのウッドデッキを作ることができるので、思い描いていた理想のウッドデッキが手に入るチャンスかもしれません。材料はホームセンターなどで手に入ります。また作り方が分からないという方は、インターネット上に動画などを使って分かりやすく紹介されていますし、専門雑誌も販売されていますのでそれらを参考にすると良いでしょう。また、忙しくてウッドデッキをDIYする暇がないという方には、システムデッキがおすすめです。パーツを組立てて設置するのみの簡単な作業で出来ますので、女性一人でも作れます。デザインや色によって金額が変わりますが、1.0坪で大体5万円前後ですので、コストを抑えてウッドデッキを手に入れることが出来ます。