好みにカスタム出来るウッドデッキはどの庭でも最適に作れます

ウッドデッキはリビングと外をつなぐ空間として多くの人に人気を得ています。しかし庭が狭い、庭の形状がななめになっていて作れないのではないかと心配する人も多いでしょう。しかしウッドデッキはどんなお庭でも作ることができます。狭く四角い形状でウッドデッキが作れなければ丸みをおびた形状でも作ることは可能です。縁側のように幅は広くなくても家の廻りを囲いながら作ることも可能です。またきれいな正方形や長方形で場所が確保できなければ、庭の形状に合わせて形を作ることでウッドデッキを作ることも可能です。またせっかくウッドデッキを作っても外からの視線が気になるようであれば目隠し用の木でフェンスのように作ってもよいです。お子様のいる家庭においては手すりや階段を作ることで使いやすくなります。このようにウッドデッキは使用する家庭に合わせて作ることでより最適な空間になるでしょう。

ウッドデッキのに屋根をつけるべきかどうか

ウッドデッキを作るにあたって屋根をつけるかどうかも大きな違いになります。一概にどちらがよいとはいえませんが、屋根があるかどうかでウッドデッキでの過ごし方にも違いがでるため説明しておきます。まず屋根があれば普段洗濯物を干す空間として利用したいときに急な雨に洗濯物が濡れる心配や夏の強い日差しで洗濯物が傷んでしまう心配がありません。またイスやテーブルなどを置いてバーベキューやティータイムとして使用するさいも直接日差しを浴びずに済むため、体感温度を下げて快適に過ごすことができます。しかし屋根があることで室内に入る日差しが妨げられるため室内が暗くなる傾向があり、冬の寒い時期はあたたかい日差しが入らない為日中でもウッドデッキで過ごすには寒い場合があります。そのためその家庭のライフスタイルにあわせて取付けるか付けないかを決めるべきでしょう。

家族みんなで利用できるウッドデッキ

ウッドデッキの使用方法はその家庭それぞれの生活スタイルに合わせてさまざまです。家族ひとりひとりによってもその使い方は異なり使い方は無限大に広がります。例えばイスやテーブルを置いて家族全員で朝食や昼食を囲み自然を感じながら食事をとることもできますが、料理やお菓子作りの好きなお母さんは友人を呼んでランチやカフェタイムにも利用できます。他にもDIYが好きなお父さんの作業場となったり、夜星を眺めながらお酒を飲むなどのリラックスタイムに使用できたりします。お子様の埃や塵などが散乱して室内でしにくいような工作にも利用でき、夏は水遊びなどにも使用できます。このようにウッドデッキは室内と野外の中間的存在であることから家族それぞれが自分の好みに合わせて様々な使用方法が可能なのです。