ウッドデッキは小さい子供の遊び場や家族憩いの場にピッタリ

ウッドデッキとは木材を使用している窓から軒さきにせり出したテラスのことで、木独特の暖かさを感じることができます。部屋の床と同じ高さにデッキを作ることで、部屋の延長として広々とした空間を感じることができます。子供がいる家庭においても部屋の中だけで過ごすより、庭だけで遊ぶより、リビングからウッドデッキを通して庭まで一続きでつながっていることで、とても開放感を感じることができます。リビングが明るくなり、庭への出入りがスムーズになり、家族で過ごすのにもってこいの場となります。ウッドデッキにビニールプールを出したり、家族や友人とバーベキューをしたりするのもいいですね。庭で過ごす時間も増えそうです。また、庭におりなくても洗濯物が干せたり、有効に使うことができますのでおすすめです。

ウッドデッキに適した素材とは?

ウッドデッキ作りたいと思っても、素材はさまざまです。どんな材料を選べばよいのか、またその違いもさまざまです。ウッドデッキの素材は、大きく天然木と樹脂木に分けられます。木のぬくもり感を大切にするなら天然木をおすすめします。天然木はハードウッドかソフトウッドに分けられます。ソフトウッドは文字通り柔らかい木材で、安くて手軽に買え、節があって雰囲気が良いところが人気です。しかし、木自体があまり強くなく、塗装などの定期的なメンテナンスをしないと虫食いや水の浸透などですぐに腐ってしまいます。対してハードウッドは密度の高い堅木で、高級感があり、価格が高めですがノーメンテナンスでいいのが最大の魅力です。初期費用こそかかりますが、ハードウッドのウッドデッキなら15年、はたまたそれ以上使用することが可能です。好みや目的に応じて選択することが大切です。

樹脂木のウッドデッキも人気があります。

天然木のウッドデッキも魅力的ですが、現在人気があるのは樹脂デッキです。別名人工木デッキとか樹脂木デッキなどと言われています。これは、プラスチックに木粉を混ぜた材質のものを使用したデッキのことです。天然木の風合いや手触りを残しつつも、腐食や劣化などに強い樹脂と混ぜ合わせたものなので、天然木よりさらに長持ちします。再生木ですが、ノンホルムアルデヒドでリサイクル可能で環境にやさしい素材なので、安心して使うことができます。天然木では外せない木のそり返りや、変色などの悩みもなく、腐食やシロアリにも強く、小さい子供がいる家庭で防腐剤を塗布する抵抗感を感じずに済みます。プラスチックが原料に入っていることで、硬度が高く傷にも強いので、ペットのいる家庭にも向いています。メンテナンスはブラシや高圧洗浄などの水洗いがで大丈夫です。また、豊富なカラーでフローリングとのコーディネートも楽しめるのがいいです。